ruby-trunk-changes r32583 - r32586

拡張ライブラリ dl の不具合修正がありました。

svn:r32584 2011-07-20 00:00:03 +0900

version.h の日付更新。

kazu:r32585 2011-07-20 07:17:13 +0900

NEWS ファイルに Kernel#warn メソッドが複数の引数を受け付けるようになったことを追記しています。

naruse:r32586 2011-07-20 15:50:54 +0900

拡張ライブラリ dl で dlsym() を呼ぶ前に dlerror() を呼んでおいて残っているエラーをクリアするようにしているようです。 FreeBSD である順序で(Socket.gethostbyname の後?) DL を操作するとなぜかエラーが残っているようです。 [ruby-dev:44091] [Bug #5021]
ext/dl/handle.c では dlsym() や dlopen() の後で dlerror() を呼ぶようになっているようなのでどこか別のところで dlopen/dlsym/dlclose を使っていてエラーが残っているんでしょうね、多分。LinuxSnow Leopard では再現しなかったのでどこかシステム側なんでしょうけど詳細はわかりません。