ruby-trunk-changes r56160 - r56164

今日は make benchmark などのターゲットをソースディレクトリ以外をビルドディレクトリにした時も動くようにする変更などがありました。

sho-h: r56160 2016-09-14 21:52:00 +0900

.document に rdoc のドキュメント化の対象として rbconfig.rb を追加しています。

naruse: r56161 2016-09-15 01:00:55 +0900

benchmark/ サブディレクトリに Hash についてのベンチマークスクリプトを4つ追加しています。 [ruby-core:75265] [Feature #12142]

svn: r56162 2016-09-15 01:00:57 +0900

r56161 で新規追加されたファイルの svn property 設定。

svn: r56163 2016-09-15 01:00:57 +0900

version.h の日付更新。

naruse: r56164 2016-09-15 01:03:28 +0900

r56146 で make benchmark などのターゲットで ruby を起動する時の -I オプションを修正しましたが、実行がソースツリーのトップディレクトリでないといけなかったので $(srcdir) を追加して別の場所でビルドしている場合でも動くようにしています。